傷の最新治療法 湿潤治療

カテゴリ その他の疾患
ジャンル 臨床
氏名 夏井睦
役職 傷の治療センター科長
施設名 練馬光が丘病院
住所 東京都練馬区光が丘2-11-1
HP http://hikarigaoka.jadecom.or.jp
主な病気名 皮膚外傷、熱傷、褥瘡
主な治療名 湿潤治療

【本動画について】

本動画は2014年8月11日に掲載されたものです。

傷の治療といえば、消毒をしてガーゼを当てて乾燥させる、というのがこれまでの医療の常識でした。ところが、この常識を覆す治療法が驚くような治療成績を上げています。
その方法とは、傷を「乾かさない」「消毒をしない」湿潤治療です。具体的には、市販されている治療材料で被うだけという簡単な治療法。この手法を独自に開発し、普及につとめているのが、練馬光が丘病院・傷の治療センター科長 夏井睦医師。湿潤治療で、傷はもちろん、重度の火傷、欠けてしまった指まで再生させ回復が困難と思われていた多くの患者さんを救っています。


このビデオで取り上げたテーマについて詳しくは、次のリンクを参照してください。

●新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/

●練馬光が丘病院 傷の治療センター
http://hikarigaoka.jadecom.or.jp/consultation/department/detail/%E5%82%B7%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC_469

【職歴・学歴】

1984年 東北大学医学部卒業。日本形成外科学会認定医。
2001年 インターネットサイト「新しい創傷治療」開設
2003年 慈泉会相澤病院 傷の治療センター長就任
2007年 石岡第一病院 傷の治療センター長就任
2012年 練馬光が丘病院 傷の治療センター

臨床の場合、治療効果には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではありません。
このサイトについて(免責条項)