肺がんの革新的 診断と治療

カテゴリ がん
ジャンル 研究
氏名 竹内賢吾
役職 がん研究所 分子標的病理プロジェクト プロジェクトリーダー
施設名 公益財団法人 がん研究会
住所 東京都江東区有明3-8-31
電話番号 03-3520-0111
HP http://www.jfcr.or.jp
主な病気名 がん
主な治療名 分子標的療法

【本動画について】

本動画は2013年12月4日に掲載されたものです。

※ALK肺癌の治療は受けられます

「分子標的療法」、ある特定のがん細胞だけを狙い撃ちします。がんに特異的な遺伝子を探し出し攻撃することで、正常の細胞を傷つけずに、がんだけを消滅させる革新的な治療法です。この最先端の研究に挑んでいるのは、がん研究会の竹内賢吾医師。竹内医師が行っているのは、治療法を確立させる為に必要な「キナーゼ融合遺伝子」を発見する最先端の診断技術。甲状腺がん・乳がん・大腸がんなど、様々ながんのキナーゼ融合遺伝子を発見し、多くの患者のがんを消滅させる治療につなげています。

このビデオで取り上げたテーマについて詳しくは、次のリンクを参照してください。

●がん研究所 分子標的病理プロジェクト
http://www.jfcr.or.jp/laboratory/department/molecular_pathology/index.html

【職歴・学歴】

1996年  東京大学医学部医学科卒業
2000年  東京大学大学院医学系研究科 病理・病理学専攻博士課程修了
      東京大学大学院医学系研究科 病理・病理学専攻 助手
2001年  東京大学医学部附属病院 病理部 助手
2002年  東京大学医科学研究所附属病院 検査部 助手
2004年  財団法人癌研究会癌研究所 病理部 研究員
2010年  財団法人癌研究会癌研究所 分子標的病理プロジェクトプロジェクトリーダー
兼 病理部 主任研究員

臨床の場合、治療効果には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではありません。
このサイトについて(免責条項)