世界が注目 日本発 分子標的薬トラメチニブ

カテゴリ がん
ジャンル 研究
氏名 酒井敏行
役職 大学院医学研究科 教授
施設名 京都府立医科大学
住所 京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
HP http://www.kpu-m.ac.jp/doc/index.html
主な病気名 メラノーマ
主な治療名 分子標的療法

【本動画について】

本動画は2015年5月2日に掲載されたものです。

ほくろのがんと言われる、メラノーマ。長年、有効な治療法はありませんでした。しかし、2013年5月、分子標的薬トラメチニブが、アメリカで承認され絶大な効果を挙げ、注目を集めています。腫瘍の縮小が認められる患者の割合を示す奏功率は75%。そのうち10%は腫瘍が完全に消失しました。旧来使用されていた薬剤と比べると、圧倒的な効果が得られ、副作用は低いと期待されています。このトラメチニブは、メラノーマのみならず、様々ながんに効くのではないかと、現在、世界中で研究が行われています。このトラメチニブを発見したのが、京都府立医科大学の酒井敏行教授です。酒井教授はあらゆるがんで、がんを抑制する遺伝子RBの活動が止まっていることに着目。がんの増殖を防ぐRB遺伝子を再活性化させる効果の高い薬剤を選別しました。RB再活性化スクリーニングという独自の新薬開発方法を考案したのです。この方法によりトラメチニブを発見しました。酒井教授は、がん抑制遺伝子RBを活性化させれば、がんの予防効果があるのではないかと考え、現在、『究極のがん予防ジュース』の開発に取り組んでいます。

このビデオで取り上げたテーマについて詳しくは、次のリンクを参照してください。

●京都府立医科大学 大学院医学研究科 分子標的癌予防医学(酒井敏行研究室)
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pubmed/

【職歴・学歴】

1980年 京都府立医科大学卒業
1980年 大阪鉄道病院研修医
1982年 京都府立医科大学大学院博士課程
1986年 京都府庁衛生部保健予防課技師 (京都府立医科大学助手併任)
1988年 米国ハーバード医科大学留学 (眼科学教室研究員)
1991年 京都府立医科大学公衆衛生学教室助手
1994年  同 講師
1996年  同 教授
2003年 京都府立医科大学大学院医学研究科 分子標的癌予防医学教授    

臨床の場合、治療効果には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではありません。
このサイトについて(免責条項)