脳卒中の予防と治療

カテゴリ 脳疾患
ジャンル 臨床
氏名 滝 和郎
役職 脳卒中センター長
施設名 康生会 武田病院
住所 京都府京都市下京区塩小路通西洞院東入東塩小路町841-5
電話番号 075-361-1351
HP http://www.takedahp.or.jp/koseikai/index.html
主な病気名 くも膜下出血,脳梗塞,脳動脈瘤
主な治療名 脳血管内治療

【本動画について】

本動画は2013年10月3日に掲載されたものです。

下腹部から入れられた細い管。ここで行われているのは何の治療だと思いますか?内臓の内視鏡手術だと思われた方も多いかもしれませんが、なんと、脳の治療なんです。血管にカテーテルと呼ばれる管を通して脳の治療を行う、脳血管内治療という治療方法です。くも膜下出血や脳梗塞など、脳の血管が原因で発症する病の治療として、注目を集めています。この先進医療に挑んでいるのは、この分野の第一人者、康生会武田病院の滝和郎医師。滝医師に具体的に3つの症例を元に、脳血管内治療の最新の治療方法について、お話を伺いました。

このビデオで取り上げたテーマについて詳しくは、次のリンクを参照してください。

●武田病院 脳卒中センター
http://www.takedahp.or.jp/koseikai/department/no_c.html

【職歴・学歴】

1974年 京都大学医学部卒業
1981年 京都大学大学院医学系研究科博士課程修了 京都大学医学博士
1981年 京都大学脳神経外科助手
1987年 国立循環器センター脳血管障害研究室室長
1989年 京都大学脳神経外科講師
1997年 京都大学脳神経外科助教授
1998年 三重大学脳神経外科教授
2007年 三重大学教育研究評議委員
2011年 三重大学附属図書館長
      三重大学理事・副学長
2013年 三重大学名誉教授・客員教授

臨床の場合、治療効果には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではありません。
このサイトについて(免責条項)